2013年12月22日日曜日

お菓子なキャンドルリース

ロウソクを立てるリースを作りました。
お菓子を盛るための皿がわりでもある。
ずらっと並んだサンタクロースはチョコレートなのです。

***

まずはヒバで外枠用のリースを作って、
ダンボールを土台に、紙コップを立てて、
紙コップのまわりにヒバをぐるりと付ける。
写真のように輪ゴムを使うと簡単。
(長いロウソクがあれば、直接ロウソクに巻きつけてもいいかも)

底からはみ出た枝を切って、ダンボールの中央にテープで貼る。
(貼らなくてもいいかもしれませんが、うちは子どもがいるので安全のため固定しました)

最初のリースを、外枠として置く。
紙コップの上に、ロウソクを立てる。
(うちは安全のためガラス容器入りのロウソクを使いました。子どもがいるので以下略)


そして飾りつけ。リースとロウソク立ての間に、
ずらっとサンタクロース!

ちょっと不気味かもしれない。
というか、くどい。

でも子どもは喜んでくれそう~。
なにせ飾りが全部チョコレートだからね。

***

で、このお菓子リースをいつ食べるかというと、やっぱりクリスマス。
それまでは食卓傘をかぶせて、食器棚の上に隠すのだった。

クリスマスまで秘密にできるといいけど・・・。
次男がお菓子の気配に妙に敏感なので、見つかってしまうかもしれない。