2015年12月30日水曜日

紙花と手毬のしめ縄※2016

今朝やっと注連飾りが完成しました。
今年は、折り紙の花と手毬を飾りに。
折り紙の花は、母が作ってくれたもの。
母のまわりで折り花が流行っているそうで、法事で会ったときに折ってくれました。いつかリースに使いたいと思って、とっておいたのです。少しよれてしまったけど。

輪の真ん中にぶら下がるのは、可愛い手毬。
これまた、いつか使いたいと思っていた品。
ぶらぶら揺れるのが、可愛くも不安定。

そして何故かへびが巻きついている。
巳年の飾りでございます。申年なのにー。
素材袋に入っていたのをなんとなく巻きつけてみたら、ピッタリはまってしまった。ので、ここでトグロを巻くのだ。

今年も注連縄から作ってます。
いろんな太さの縄をあれこれ形作り、組み合わせるのが楽しい。

今回は、円を三つ作ってワイヤーでまとめたものを中心に。
既製品も一つ買ってきてほどいて部品にしちゃってます。ごめんなさーい。

外玄関に下げたところ。
今年もギリギリだわー。

水引の鶴は、以前頂いたご祝儀袋から拝借。
水引の細工がけっこう好きで、何年もかけて沢山集めています。とくに買い集めるわけではなく、お祝いを頂いたさいの熨斗袋を捨てずにとっておくのです。
注連縄を作る時にも使えるし、お正月の小物を手作りするさいにも便利。

さて、もうひとつ作り途中の注連縄があるので、がんばって仕上げたいと思います。


オマケ
2015年→和紙の飾りの注連縄
2014年→布花入り椿や千両橙で素朴に扇子つき
2013年→長い蝶々結び注連縄リース
2012年→「し」の字型

Japanese style.My handmade "SHIMENAWA".

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ