2012年7月27日金曜日

箱庭のように狭いケド

今年の、玄関脇の庭。
梅雨前の写真ですが。
クレマチスのペパーミントと白万重
フェンスいっぱいに絡んだクレマチスのペパーミント&白万重のあいだから、ピンクのバラ、フェリシアがちょこんと顔を出しています。

ここは、この時期が一番にぎやかな気がします。
内側から見るとちいさくて箱庭のような狭さなのです。


庭のセダム
内側からの写真。まだ春になったばかりのころ。
セダムが元気いっぱいに生え広がっております。

チューリップ サクサテリス
ピンクの花びらの中心が黄色い花は、原種系チューリップのサクサテリス

右上のピンクにかすむような花はティアレラ、シュガー&スパイス

ティアレラのそばの黄色く目立ってるのは、ポンポンのような丸い花のハナホタル。

左がわのレモン色の花はエスコルチア。
エスコルチア
エスコルチア。一年草。
とてもかわいい花だったので種をこぼれさせたかったんですが、茎先がことごとく消えていきました。なぜ?
何物かに食べられてる気もしないでもないのですが、消え方が不思議で正体がわかりません。虫?鳥?


ハゴロモジャスミン
羽衣ジャスミンの蕾がいっぱいになっていたころ。(左のピンクの蔓植物)
満開のときの写真を撮りたかったんですが、今年はちょうど雨が続いた頃に開花が当たってしまって、咲いた先から散ってしまいました。かなしい。


クレマチスのペパーミント 白万重
いちばん最近の写真。
ペパーミントと白万重とフェリシア。

家の前の道から見上げたところ。

庭のクレマチス
左がわに紫のクレマチス、ビクターヒューゴも咲いてます。

しかしそれも今はむかし。←言葉の使い方まちがってる。
梅雨時にみんな弱剪定してしまったので、今は花ナシの地味な庭なのです。