2011年8月4日木曜日

コンボルブルス・サバティウス 2年目

コンボルブルス サバティウス
植えつけ直後は成長がのろく感じたブルーカーペットも、みるみるうちに巨大化し、2年目はこれこのとおり。
梅雨時に少し切り戻しましたが、あっというまにまた伸びました。

しだれる花
花もたくさん次々と咲きます。
咲きはじめは4月くらいだったと思いますが、7月いっぱいは絶好調のまま。

しだれる花
階段上の花壇から垂れて、塀の3分の1ほどの長さになったかな。

コンボルブルス サバティウス
とても肥料好きで、花が咲いている間はずっと置き肥し、月2くらいで液肥もあげてます。

しだれる花
8月に入るとさすがに花数が少なくなってくる。

しだれる花
園芸書では鉢植え推奨でしたが、地植えのほうが大きくなります。
また「耐寒性なし」とも書いてましたが、うちは庭植えで何の防寒もせずに難なく冬越えしました。(関東南部)



オマケ
しだれる花
11月現在の写真。
花が終わってからここまで伸びて、塀の半分をおおってます。


翌、三年目の記事はコチラ