2012年8月22日水曜日

庭花ドライのリース

ものすごくひさしぶりにリースを作りました。
ドライフラワー手作りリース
材料は、庭でつんだ花。
ドライフラワーのリース
手前のピンクはジニア、レッドライム
ドライと生。←ビールみたいだ

その隣に水色のルリタマアザミの束。
ドライフラワー手作りリース
白に赤は、シロタエギク&ヘリクリサム・コルマとキバナセンニチコウ。

キバナセンニチコウがイチゴに見えてしょうがない。
この白と赤の組み合わせが我ながら非常に気に入ったので、次はこの二つを中心にリースを作るつもり。

あとはユーカリ、ヒューケラ、ミセバヤなど。
黄色いボンボンはクラスペディア・ゴールドスティック。
ドライフラワー手作りリース
普通に全体にいろんな花を混ぜ込むのもいいけど、たまにはこういうパッチワーク風も面白いですね。

まだ失敗することが多いドライフラワーも、今回はだいたい成功しました。

ジニア・レッドライムだけ激しく色が変わってしまって失敗。
この暗いピンクも好きだからいいんですが。

ミセバヤはまだ生ですが、ほぼこの姿のまま乾くはず。
ミセバヤのドライフラワー
ちなみに、ミセバヤのドライフラワーはこちら↑
水ナシ花瓶に挿したまま乾かしたもの。
ドライにしたほうが、葉っぱの青味が増す気がします。

ドライフラワーのリース
ルリタマアザミとかキバナセンニチコウ、クラスペディアなどのボンボン系が、まったく姿変わらずに綺麗に乾いていいですね。