2016年3月25日金曜日

実家に必ずある植物

玄関にシェフレラ(カポック)を置きました。
和レトロ玄関
シェフレラといえば、田舎や親戚の家に行くと、必ず玄関に置いてあるイメージ。
ヘアサロンやカフェでもたまに見かけます。しかし、ショップのシェフレラはおしゃれなのに、実家のシェフレラはなぜ違うのだろう。
良く言えば趣があるというか、野趣あふれているというか、ノスタルジックというか、ええい言葉を濁してもしょうがない。
一言でいって、野暮ったい。
田舎臭い。

そう見えるのは周りの環境もあるのだろう。まずもって散らかっている。
やたらと広い玄関に大量の植木、家庭菜園の道具、なぜか何足もある長靴、空の植木鉢、その植木鉢の中になにやら虫の死骸。同じ光景を去年も見たー。もしかして一昨年も見た-。
つまり数年間そのままなのである。

そんな玄関で、下駄箱の脇に押しやられ、古い家特有のガラス引き戸からの陽光をさんさんと浴び、元気いっぱいに乾燥している、たくましい植物。それがシェフレラ。

ここで勘違いして欲しくないのは、なにも馬鹿にしているわけではない点。
何を隠そう、吾輩は、その田舎っぽさが大好きなのである。

レトロなタイルの昭和の玄関に、民芸品と共に置かれたシェフレラ。
素晴らしいじゃないか。

和レトロ雑貨
そういうわけで、うちのなんともしまらない玄関にもシェフレラを。
しまらない原因は、たぶん傘立て。
なぜか傘がどんどん増えて困る。
写真には写らないようにしたけど、下のほうには紙ゴミもあるよ。

しかし、あるていどの生活感は許して欲しい。あんまり隙がないのも嘘くさいし。素朴でいいじゃん。
散らかってる言い訳じゃないよ。ホントだもん。

あと古い家に必ずあると言えば、「金のなる木」。
実はこれが、なかなか見つからない。今どきの花屋にはオシャレな斑入り品種しか売っていなくて、昔ながらの花月は意外と手に入らない。
次は、ぜひとも「金のなる木」を見つけたいと思いまーす。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ