2016年3月27日日曜日

レトロな布でキッチンカーテン

キッチンのカーテンを取りかえました。

前に収納ボックスのリメイクに使ったレトロな柄の布で、キッチン全体を薄みどりに染めよう計画。
昭和レトロなカーテン

それというのも、今までずっとレースの白いカーテンで。
少女趣味すぎて。母と姉からの評判がすこぶる悪かった。

Before
でも、隙間から外が覗けて便利だった。
昭和レトロ窓辺
丈が短くて、下に植木を置きやすい点もよかったんだけどねー。


しかし白には飽きたのも、また事実。
そして思い出したのは、実家の台所。

なぜか実家の窓際は、ことごとく緑がかっていた。
なんでだろうと考えて気がついた。

昔の網戸ネットは、緑だった。
今の網戸みたいにサッシにはまってるヤツじゃなくて、ちょくせつ窓枠に画びょうで留める緑色のネット。
この上もなく懐かしい。

昔ながらの薄暗い木の室内に、薄緑がかった日影。
あれがしたい。

しかし緑色の網戸ネットが売ってないじゃないか!

というわけで、緑がかったカーテンですよ。
After
あえて照明を消したキッチン。

緑の小花柄に陽ざしが入ると、全体的に緑っぽく見える。
薄緑がかった室内が、懐かしい。


布自体は白いので、照明を点けるとこんな感じ。↓
昭和レトロなカーテン
レトロな雰囲気の色柄。
薄い生地なので、うっすらと外の様子が分かる。
昭和レトロ窓
丈も短めにしたので、物も置きやすい。
いいんでねえの。

ちなみにカーテンに重ねてるのは、雑貨屋で買ったレース編みののれん。

小物隠しのカバー類も、青緑系にとっかえ。

端っこにあるのはマキタの掃除機。
コードレスでラクラク、手軽にちょこっとがけができる。
しかもハンディなのに、ものすごいパワー。
お気に入りの掃除機です。


にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ