2012年3月1日木曜日

プリムラのハンギングバスケット

昨日はたくさん雪が降った。
窓を開けると、スーっと気持ちよかった。
しかし私は風邪でダウン。
子どもたちは大喜びで雪遊びをしてました。

写真は、雪が降る前に作ったハンギングバスケット。
プリムラのハンギングバスケットお庭に花がなくてさみしかったので、プリムラを中心に作りました。
プリムラのハンギングバスケット花いっぱいの寄せ植えを作りたくて、ギュウギュウに押し込んでしまった。

プリムラのハンギングバスケット下のほうには小ぶりのハボタンもいます。
じつはこれお正月の寄せ植えのハボタンなんですが、次男が見事にボッキリ折ってくれまして・・・。

仕方ないので花瓶に挿しておいたら根が生えた。
ハボタンって挿し芽ができるんですね!知らなかった。

プリムラのハンギングバスケットハボタンを挿したところ。下のほうに2つ。

プリムラのハンギングバスケットところでハンギングバスケットを作るのはまだ2回目ですが、すごい謎に思っていることがあります。
ネットや雑誌で写真を見ると、ぎっしり隙間なく花でうまっているんですが、どうすればあんなに沢山の苗を植えれるのでしょう?
冬だしあまり根を崩さないように・・・と思いながら植えると、ひとつひとつの根鉢がけっこうスペースをとって、バスケットに収まりきらないんだけど。

そもそも苗を選ぶ段階から違うのかしら?
葉や花が大きくて、根は小さい素材を選べばいいのかなー。
それか、このまま苗が育つのを待てばいいのか?

プリムラのハンギングバスケットどうしても苗と苗の隙間から、鉢が見えちゃう。
そんな私の強い味方。
ヘリクリサム・コルマの挿し芽。
銀白葉のやつです。
あちこちに挿してます。