2014年10月7日火曜日

擁壁にしだれる花々

最近、庭のことをぜんぜん書いてないので、庭ブログじゃなくて違うテーマにしたほうがいいのかしらん、と考え中。
インテリアの記事も増えてきたし。・・・うむむ。


今回はお久しぶりの庭記事。
庭づくりのきっかけになった、たれさがる花々です。
垂れ下がる花
垂れ下がってますよー。

しだれる花
こちらはコンボルブルス・サバティウス。
これで5年目。丈夫でいい花。
春にたくさん咲いてくれました。

エリゲロン
階段横の花壇。手前はエリゲロン。
エリゲロン
ピンクと白の可憐な花。
素朴でかわいいー。


しだれる花
もっとも隠したかった灰色の擁壁をおおうように垂れ下がってるのは、チロリアンランプルリマツリコバノランタナのピンク

されぞれ3年くらい経つので、けっこう大きくなりました。
長く垂れ下がるようになり、いい感じに壁を隠してくれてます。うれしー。

しだれる花
駐車場の向こうにしだれているのは、コバノランタナの白
チロリアンランプが伸びすぎなので剪定しなくては。


追記:登録させて頂いてるブログ村のカテゴリーを変更しました。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ