2014年1月17日金曜日

鏡餅の容器でゆきだるま作り

昨日うちのほうでは、ほんの少-しだけ雪が降りました。
子どもが雪だるまを作りたがってますが、ムリだなぁ。
すぐに消えてしまった。

本物のゆきだるまの代わりに、お正月に飾った鏡餅の容器を使って、ゆきだるまを作りました。
鏡餅ゆきだるま
じつはこれ、うちでは毎年恒例でして。
市販の鏡餅を買ったときは必ずやります。鏡開きと言っても容器を割るわけでもなし、形をいかして雪だるまを作るという。

たいていは油性マジックで顔を描くだけですが、今年はドライフラワーがあまっていたのでアレンジしました。

鏡餅で手作りゆきだるま
台所仕事をしている合間に思いついたので、そのまんま調理台の上で作ってしまった。

おめめはボタン。口と鼻は枝。
あたまのてっぺんにマツボックリ。
南天の実を糸でつないだ首飾り。
まわりにはセンニチコウのドライフラワーやポプリなど。

手作りゆきだるま
正面から見ると、けっこうマヌケ顔。

鏡餅ゆきだるま
たったこれだけの飾りですが、こどもは喜ぶ。
そしてなぜか頭にかぶる。