2013年12月15日日曜日

椿と庭木で注連縄飾り

ちょっと気が早いですが、しめ縄を作りました。
長さ80cm越えの、大きめお飾り。
迫力あります。

手作り生花しめ縄
幅もあるので、室内ドアに吊り下げてみたら、こんなんなった。
ドアを開けれないよ。

手作り椿しめ縄
ためにし玄関ドアにもぶら下げてみました。
こちらは開閉には問題さなそう。

本来ドアには付けちゃダメと聞いたことあるんですが、外壁に釘を打つ勇気がなく・・・。磁石フックでドアに下げてるという。

なんでこんなに早く作り始めたかというと、剪定枝がたくさんあるので。
先日からリースやツリーなど手作りしてますが、それでもまだある。
とくに椿の枝があまっているので、今回はリースではなく注連飾りに。

まずは四尺(約1m20cm)の長い注連縄を購入してきて、形作り。
いろいろな形にしてみます。
去年は蝶々結びでした。今年はまた違う感じにしたいな。
悩んだすえ、ひしゃく型というか、おさじ型というか、スプーン型に決定。

麻紐で結んで形作り。
垂れ下がり部分にも曲がりを付けるため、数日前から結んでおいてクセを付けて。

手作り注連縄
椿や南天はブーケのようにまとめたもの。

仕上げは、こんなふうに壁にぶらさげてやりました。
これだと数字の『9』みたいで縁起が悪い。
もう少し寝かせたい。
フックに掛ける紐の場所をずらして、結びなおし。 

おしゃれ手作りしめ縄
調節終了。
どうでしょうか?
葉物ばかりですが、それなりに豪勢にできた。

でも、枯れてしまう葉もありそう。
師走になったら、また入れ替えたいと思います。
水引や末広の飾りを加えたら、もっときらびやかになりそうですよね。
楽しみです。

それまでは、いましばらく日陰の涼しいところに控えておきます。

Japanese style.My handmade "SHIMENAWA".