2013年12月29日日曜日

繭玉を散らばせた注連飾り

寒いですねー。
年越しの準備がまだできてなくて慌ててます。

昨日とりあえず、注連飾りを作りました。
先日試作した、庭木の注連縄の仕立て直し。
小花や繭玉が雪のようにはらはら散るのをイメージしたんですが、こうして見ると、なんかパンチが足りない・・・。

真ん中に、くっきりした色の大きな花でも入れるといいかもしれない。
あとで直すかも。

※直しました。→こちら

玄関ドアに吊り下げ、少し離れて写真をパチリ。
結びで80cm越えの大きさ。

ドアの横には、舅の庭で分けていただいた千両。
あまった分を、大きな壺にざっくり活けて。

しかし一日で鳥に食べつくされるのだった・・・。