2013年12月30日月曜日

橙と万両の趣ある注連飾り

しめ縄、最後のひとつです。
実はこれが一番気に入っている。

自然素材だけを使った、素朴な注連飾り。
手作りしめ縄
材料は橙、万両の実、裏白、葉っぱのみ。
質素ですが、味わいがあって好きです。

そもそも土台が風情ある藁細工なのです。
前に、手作りの稲わら亀をくださった方が、こんどは藁で『鍋しき』を編んでくださいまして、
手作り注連縄
土台をよく見ると、鍋しきなのが分かると思います。

でも、鍋しきにするなんて、もったいない!
おかしいかもしれませんが、注連縄の代わりにしちゃいました。

せっかくの縁起物なので、裏白や橙のほかに、紙垂や譲り葉もつければよかったなー。
素朴なしめ縄
小型なので、輪飾り扱いでお台所に下げてます。

ほかの注連縄は派手にしましたが、巡り巡って仕舞いには地味なものを作りたくなる。
やっぱり昔ながらのお飾りが一番なのかもしれません。