2012年12月29日土曜日

長い蝶々結びの注連飾り

しめ飾りを昨日のうちに仕上げたかったけど、できなかった。
長男が風邪っぽくて買い物に行けなかったのです。
年末の人混みに連れ出したら、悪化するのが目に見えてるので。
冬休みに入る前に、とりいそぎ病院に連れていきました。

子どもが寝静まった深夜、しめ縄作りスタート。
花いっぱいな感じにしたかったけど、材料がないので仕方ない。
生花はあきらめて、家にある物で作ることに。
手作りしめ縄
材料はドライフラワーと造花。先日のお正月リースとほとんど同じ材料ですが、無い物ねだりをしてもしょうがないので、ある物だけで工夫します。
串のダルマとタイは、前回とおなじく紙粘土で作成。
手作り正月ピック
今回のほうが、ダルマさんのお顔が上手に描けた。
タイは絵の具で赤く塗ったあとに、和布の切れはしを貼ってます。前とはちがう貼り方にしました。
ちょうちょ結びしめ縄
赤いリボンに仕立てたのは、着物の帯締め。
娘時代に買った帯締め。ちょっと勿体ないけど、この色の丸くげはもう使わないと思うので有効利用です。
扇子は熨斗袋で作成。

赤と白で、思いっきり正月っぽくしたかったのだけど。
でも、なーんだか地味。
もっと絢爛豪華に、おめでたい感じにしたかったんですが、やはり材料不足かしらん?

というか単純に下手くそなのでしょうね。
まだ納得できないので、後で飾りを付け足すかも。

ちょうちょ結び注連縄
ためしに玄関ドアにぶら下げて写真をパチリ。
でも今日は29日なので外しちゃうよ。
明日また改めて取り付けます。


*その後、すこし手直ししました。つづきの記事はこちら
Japanese style.My handmade "SHIMENAWA".